2017年06月17日

ンュジマジミカのぶろらじ Vol.5

お久しぶりの「ぶろらじ」です。全然質問がないのでもう需要ないのかと思ったー!あー良かった。

あ、みなさん、こんにちは。上嶋潤です。
ンュジマジミカのぶろらじをご覧いただきありがとうございます。

久しぶりにメッセージが来て嬉しいです。あー俺は人に頼られないと生きていけない臆病な人間なんだなーと改めて感じてます。そして他人に上手く甘えられず自爆するんです。あーぁ。

おっと。俺のことは今は置いといて。ご質問いただきました。
ラジオネーム:もっぴさんから。

↓↓↓

上嶋さんこんにちは!
先日の郡山のライブの時に物販の列で前にいてアカウントバレた者です。びっくりしました…笑
楽しかったですね!上嶋さんのブログからもユニゾンとスクービー愛が伝わってきて読んでて思い出してきて今も余韻をズルズル引きずってます…(˘ω˘)

それはさておき、前振りが長くなってしまいすみません!本題です。
私は将来、なんらかの形でライブハウスやイベントに関わっていける仕事に就けたらと思っています。照明だったり音響だったり…色んな職業があります。方法はたくさんあると思いますが実際どのようにしてそのような仕事に就けるか分かりません。そこで上嶋さんが窓枠を経営するようになった経緯を教えていただけたらなと思います…!こういうのは専門としている人に聞いてみた方がタメになると思ったからです。絶対に就きたいという気持ちだけ先走ってしまい、上嶋さんに聞くのは失礼かもしれませんが承知の上で質問させていただきました。ぜひお時間があったらよろしくお願いします。
長文失礼しました。
これからもお体にお気をつけて頑張ってください!

↑↑↑

質問ありがとうございます!あの日のライブ楽しかったよねぇ。

質問は私がライブハウスをやることになった経緯ですね。
地元の中学校や高校に行ってお話をさせていただくことが時々あるんですが、この質問は毎回ありますね。とーっても簡単な答えになってしまいますが、まずは一曲お聞きください。

SCOOBIE DO「バンドワゴン・ア・ゴーゴー」


バンドって良いよねぇー。SCOOBIE DOかっこいいよねぇー。

さて。質問に答えたいと思います。

「どんな経緯でライブハウスをやっているのか」

ですよね。答えはズバリ。

「父親がやる。って言ったから」です。

全然、参考にならんやつ(笑)
あーごめんなさい。私、いわゆる二代目ってやつなんです。
だからライブハウスで働きたくて自ら動いてそのポジションにいる人ってすごいなーと思うんですよね。自分から求めていく姿勢ってすごく大事だなーと思うし、尊敬します。
冒頭で「頼られないと生きていけない」って書きましたが私はそういうタイプで求められるとそれに応えたくなるタイプなんです。だから「ライブハウスやるぞー」と父に言われて「手伝え」的な感じになったからやりはじめたってわけです。

昔、ラジオのレポーターをやった時もラジオ局の人から「やって欲しい」と言われてやったし、それより前の話で地元のCMソングを作った時も当時のライブハウスの店長に「こういう募集あったから作ってみなよ」と言われたから作った。という感じだし、そもそもバンドを始めたきっかけも、弾き語りでライブをしていたら「バンドやろうぜ」と声掛けてくれた仲間がいたからだったし。
常に受け身であることが多い人生だったなーと思います。
だから、質問者のもっぴさんのように夢があってそれに向かって行動して行こう!という気持ちがとても美しいなーと思います。

ま、俺の経験は全く参考にならないので、どうやったらライブハウスで働けるか、イベントに携われるか、ということをお話しますね。

まずイベントスタッフはバイトでできます。
各地のイベンターと言われる団体が大量にバイトを募集していることがあるのでそこに申し込めばだいたいいけると思います。求人情報誌にも時々載ると思いますし、思い切って直接「バイト募集してないですか?」と電話してみるのも良いと思います。社員になる。となるとまた話は違うと思いますが、それも各社に「社員の採用予定はありますか?」と問い合わせてみるのが手っ取り早いと思います。
(イベンターさんというのは例えば郡山近辺だとノースロード・ミュージックさんとかかな?)

で、ライブハウスのスタッフですがこちらもバイトでできます。
各地ライブハウスのホームページなどに募集が載っていることがありますのでチェックしてみてください。
載ってなくても思い切ってメールしてみるといいかもしれません。
バイトがやれるのはドリンクや受付ですね。もちろん経験や知識があれば音響や照明もやらしてくれます。

さて。ここで出てきました。「経験」と「知識」です。
実際にライブハウスのステージに近いところで働くにはやはりこれが大事です。
窓枠ではオープンして13年目にして初めて音響担当社員を採用しましたが彼は専門学校でその「知識」を得て弊社に入社してきました。「経験」はほぼゼロですがまぁそれはこれから。
逆に「経験」があるパターンもありですね。
バンド経験があってライブを何度もやっているとか。そうなるとそれなりの「知識」もありますが、仕事をしながらもっと深く専門的な知識を得るというパターンですね。

物販列で私の前にいた方がもっぴさんなので私の記憶ではすごく若い方だったと思います。
まだまだこれから知識も経験も得ることができます。
専門的な学校に行くのも良いし、バンドを始めてステージに立つのも良いでしょう。
それと平行してライブハウスやイベント会社のスタッフとしてバイトをしてみるのも良いでしょう。

そうこうしているうちにきっともっぴさんは「求められる人材」になるはずです。
そうなれるように日々、頑張っていただきたいと思います。陰ながら応援していますね。

簡単に言うと「知識と経験が大事だよー」という話でした。
が、最後にそれを得ても得ていなくてももっと大事なのが「元気に挨拶する」「人の話は聴く」「返事はハッキリ」というきっと小学校でも言われるようなことだと私は思っています。極端なことを言うとそれが出来ればライブハウスで働けます。(担当は色々ありますが)
もっぴさんの周りに「元気に挨拶が出来て人の話をしっかり聴けてはっきり返事が出来る人」っていますか?きっと少ないと思います。そこで一歩リードです。
これからどんな職に就いても大事なことなので覚えておいてください。


こんな感じで大丈夫かな・・・今回も長くなってしまった。
もっぴさんの参考になったかな・・・


さて。皆さんからもメッセージお待ちしております。
質問・相談、世間話でもOKです。
あて先は junsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMでも受け付けています。

最後に宣伝。

7月2日(日)窓枠にて合コン開催!
参加資格は【音楽好き】【独身】【20歳以上】です。
参加希望者はjunsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMなどに
「氏名」「性別」「好きなバンド」「好きな1曲」を明記の上送信!
開場17:00/開演17:30/終演20:00(予定)
男性5,000円/女性3,000円
(ドリンク&フード付)
よろしくお願いします!!
※ちなみに今現在、女性の申し込みの方が多いです。男性の皆様、是非!!

本日もぶろらじお読みいただきありがとうございました。
最後にお送りするのはもっぴさんと出会うきっかけをくれたUNISON SQUARE GARDENで「シャンデリア・ワルツ」をお聞きください。


ンュジマジミカのぶろらじ、このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 22:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

ンュジマジミカのぶろらじ Vol.4

みなさん、こんにちは。上嶋潤です。
ンュジマジミカのぶろらじをご覧いただきありがとうございます。

窓枠は先週、金土日とライブが続きました。
連続で照明をやらせていただきましたが、どの日も出演者とお客さんの笑顔が溢れていて、お互いの相乗効果で大変盛り上がりましたね。やっぱライブは良いね。と改めて思う日々でした。
皆さんはどこかライブに行かれましたか?
ライブの感想などもぜひメッセージください。

というわけで今日は早速メッセージをご紹介します。
ラジオネーム信長さんから。

↓↓↓

上嶋さん、こんにちは。
今日は窓枠でサチモスですね。
私も行きたかったんですけどチケットが取れませんでした(´;ω;`)
私は好きなバンドいくつかあって遠征にも行きます。そういうバンドがもっともっと大きくなってCMやドラマの曲をやったり、紅白に出たらめちゃくちゃ嬉しいだろうなと思います。
その半面、ライブチケットが取れなくなって手の届かない存在になるのはめちゃくちゃ悲しいです。
こういうケツの穴の小さいファンがバンドの成長を妨げるのでしょうか。
ファンの心得を教えてください。

↑↑↑
なるほど。ファンの心得ですか・・・
メッセージにお答えする前にまずは一曲お聞きください。
コレサワさん「君のバンド」

コレサワさん他にも良い曲あるのでぜひ聞いてみてください。

さて。メッセージにお答えしていこうと思います!

好きなバンドが有名になってみんなに知れ渡っていくのは嬉しいですよね。
その反面悲しいのはチケットが手に入らないこと。というのもよく分かります。
色々な事が絡まり合ってチケットが取りにくいバンドが多いですし、窓枠は特に「ご用意できませんでした」のライブが多いのかもしれません。昨日のSuchmosも問い合わせの電話がたくさんありました。どんなに広い会場にしても売り切れてしまうバンドもいますし、広い会場にしたのにスッカスカ、なんてことも絶対無いとは言い切れません。会場選びって本当に難しいだろうなと思います。
あ、話が信長さんの質問と違う方向に話が進んでしまいました。
ファンの心得ですね。
私なんかが偉そうに心得など言うのもおこがましいことですが私が好きになったバンドに対していつも思っていること、心得ていることをお伝えしようと思います。

いきなり結論を言ってしまうと、一番大切にしているのは「距離感」です。
私は性格上「うぇ〜い!!」と行けるタイプではないので必然的にある程度の距離は保っているわけですが、こういう仕事をしていると好きなバンドのメンバーと直接お話をさせていただく機会などがあったりします。

窓枠を始める前から大好きだったSCOOBIE DOのメンバーともそうですし、窓枠を始めてから好きになったUNISON SQUARE GARDENのメンバーとも直接お話をさせていただくことがあります。
もっと言うと人生で初めてファンクラブに入ったLINDBERGのドラムのチェリーさんとは何度もお話をさせていただいていますし、路上ライブでいつも歌っていた山崎まさよしさんとは一緒にお酒を飲む機会もありました。もう本当に好きで好きでしょうがない人たちが目の前にいる。お話ができる。一緒にお酒が飲める。なんていうことが窓枠を始めてからあります。
そんな状況でも大切にしているのが「距離感」です。
あくまでも私はただのファンなんです。もちろん彼らの活動拠点ともなりえるライブハウスを運営していますが、それはとりあえず置いといて、あくまでも私はただのファンなんです。
彼らの活動に口出しする立場ではありません。彼らが生み出す音楽にただただ共鳴し、応援するだけのただのファンなんです。
チケットが取れなくて悲しいのはしょうがないです。それは本当に悲しいことです。転売以外でも色んな手段でチケットは取れることもあるので頑張りましょう!としか言えません。
ただ「手の届かないところに行ってしまった」と思ってしまうのは「距離感」を心得ていないから起こる感情です。そもそも「手の届くところ」に置いておかなければそういう感情は起こりません。

あなたがファンを辞めない限り、あるいはバンドがバンドを辞めない限り、バンドとファンの関係は終わりません。それが大切な「距離感」じゃないでしょうか?

残念ながらファンは応援することしかできません。
ライブハウスをやっていても、好きなバンドを応援することしかできません。
信長さんもただのファンとして応援したいバンドを応援してください。
あまりうまくお伝え出来なかったかもしれませんが少しでも伝わったら嬉しいです。
メッセージありがとうございました。
まだ納得いかなかったらまたメッセージください!改めてじっくり考えてみたいと思います。

さて。皆さんからもメッセージお待ちしております。
質問・相談、世間話でもOKです。
あて先は junsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMでも受け付けています。

本日もぶろらじお読みいただきありがとうございました。
最後にお送りするのは私が初めて路上ライブで歌った
山崎まさよしさんの「中華料理」をお聞きください。


ンュジマジミカのぶろらじ、このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 18:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

ンュジマジミカのぶろらじ Vol.3

みなさん、こんにちは。上嶋潤です。
ンュジマジミカのぶろらじのお時間です。

先日、友人たちと飲み会があったんですが
その時の鍋の写真

IMAG3915.jpg IMAG3916.jpg

これにたくさんの反響があったのでお店の情報などちょっとお伝えしようと思います!

鳥徳
IMAG3910.jpg
住所:浜松市中区千歳町56
電話:053-453-2203
営業時間
昼:11時30分〜14時(水・木・金曜のみ)
夜:17時〜22時30分
定休日:日曜、祝日

先ほどの写真は「鳥味噌鍋」です。
出て来た時のインパクトが強烈で、出来上がりの見た目もこってりしてそうですが、味はかなりあっさりしています。でも味噌のコクと鶏肉の旨味が最高。締めにうどんかご飯を勧められましたが思わず両方頼んでしまいました。

あとはお店の方が色々とオススメしてくれたのでたくさんいただきましたが「鳥肉のわさびあえ」が看板メニューのようでした。
IMAG3914.jpg
ビールも美味しかったなぁ。


これからも美味しいお店情報など出来る限りご紹介していきたいと思います。
「こんな店を教えて欲しい!」
「あの店に行って来て欲しい!」
「うちの店に来て!」
などなどメッセージをいただければ突撃します!

さて。ここで一曲お聞きいただきたいと思います。
Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)の「助演男優賞」

Creepy Nuts、最近気になってます。

さて。今回もメッセージをいただいたのでご紹介したいと思います。
PN:akemiさんから。

↓↓↓

上嶋潤さん、こんにちはm(_ _)m
Twitterの固定ツイートから来ました。
私は東京に住んでて、月に2〜3回ライブに行く感じです。
こないだ都内の時々行くライブハウスで受付のスタッフさんに「あー、お久しぶりです」て言われてすごく嬉しかったんです。
そこにしょっちゅう行くわけでもないし、私は地味なタイプだからそんなこと言われると思ってなくて。
もしかして本当は覚えてなかったとしてもそうやって声掛けてくれるの嬉しいなって思いました。
窓枠も、なんていうか、そういう体温を感じる箱なので好きです。
なんか質問でもなんでもなくてすみません笑

↑↑↑

はい。窓枠もそういうライブハウスでありたいなと思っています。
そのライブハウスのスタッフさんもきっと顔を覚えていたと思います。我々もよく来てくれるお客さんの顔は覚えていますし、挨拶をさせていただくこともあります。
窓枠はオープン当初から所謂ライブハウスのイメージ(そもそもライブハウスのイメージってなんやねん。という気もしますが)を払拭しようということが念頭にありました。
・分煙化
・子どもたちに生の音楽を聞かせる会を開催
・お笑いライブを主催
などが表向きにわかる活動かな?と思います。
今となっては別に珍しいことでもないかもしれませんけどねぇ。
子どもたちに生の音楽を聞かせる会は小学生が日曜日に軽音楽の練習に来るという「ロックバンドクラブ」の設立になっていったわけですが、これも今は無くなってしまい、いつか復活できたらいいのにな、とは思っています。

ま、そんなことよりも何より、窓枠が家族で経営されている。ということがライブハウスとしては珍しく、それ故に多くの方に温もりを感じていただく原因になっていると思います。
これからも皆さんに温もりを感じていただけるように頑張ります!

質問ではありませんでしたがライブハウスの感想をいただき嬉しいです。またメッセージお待ちしております。


さて。皆さんからもメッセージお待ちしております。
質問・相談、世間話でもOKです。
あて先は junsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMでも受け付けています。


本日もぶろらじお読みいただきありがとうございました。
最後にお送りするのは本日(2/24)誕生日のハマノヒロチカさんの「最後の青春」

3月にはAOZORAでもライブをしていただきます(詳細は後日発表)お楽しみに!

ンュジマジミカのぶろらじ、このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 12:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ンュジマジミカのぶろらじ Vol.2


皆さんこんにちは。上嶋潤です。
ンュジマジミカのぶろらじのお時間です。
前回は(仮)タイトルでしたがこれにしました。
よろしくお願いします。

昨日はTHEビール飲もうズのライブでした。
ライブ経験の無い(少ない)バンドの方々に出演していただく。
という趣旨のイベントだったので共演者は若者ばかり。
自分もそうだったなーとか思い出しながらライブを見て、
自分たちのライブが彼らの手本になるかどうかわかりませんが
一生懸命、ライブをさせていただきました。
伝わるものがあったなら嬉しいなぁ。
昨日のセットリストはこちら。

ただの音楽好き
「秘密の話」
ビール飲もうぜ
ーおしゃべりタイムー
自分史上最高のドラマ
究極の選択
君はラーメン

以上でした。
やり切った感満載で打ち上げも大盛り上がり。
楽しいお酒が飲めました。
楽しい居酒屋巡りの様子は
浜松餃子を推す人」 のTwitterを見ていただければ。

さて。ここで。浜松餃子を推す人も推している
ピアノインストバンドADAM at「Echo Night」


ADAM atは4月8日(土)に窓枠でライブがあります。
ツアーの初日なので多くの方に遊びに来て欲しいです。

ADAM atを聞いていただいたところで昨日のライブ予約のメールと共にひとつご質問をいただいたのでそちらにお答えしたいと思います。

PN:ぴよこさんからのメッセージ。
↓↓↓

「窓枠Art Works」1名予約お願いします。
初ライブのバンドさん達とビール飲もうズの初飲み会、楽しみにしてます!

潤さんのブログも楽しく拝見してますよ!
これだけでは何なので、質問を笑

ここ数年で色々なライブハウスに行くようになりましたが、ライブハウスのマナーって何かありますか?
「こういう行為は勘弁して欲しい…」とか、逆に「こうして貰えると助かります!」など、教えていただけると嬉しいです。

↑↑↑

ライブハウスでのマナーですか。
どうですかねぇ。まぁ基本的には自由に楽しんでいただければOKだと思っていますが、人に迷惑を掛けないとか、そういう最低限必要なマナーというのはライブハウスに限ったことではないかなと思います。
ただ、ライブハウスっていう場所があまりにも特殊で普段の生活と同じではない、非日常の空間になっているので「何か特別なマナーが?」とか思われがちなのかなと思います。
私はライブハウスが家みたいなものなので(まぁ毎日居ますからね)これが日常なので当たり前のマナーを当たり前に守っていただければいいのかなーという気がしています。
っと言ってもやはり非日常の空間ですのでそこに行くにはそれなりの心構えとか服装とかあると思います。(近所のコンビニに行くのと結婚式に行くのでは心構えや服装が違うのと同じですね。)
というわけでライブハウスに行く時の心構えと服装について個人的な意見を。
(出演者やライブ内容によって変わってくることもあるのであくまでも一例とお考えください)


まずは心構えです。

『楽しむ気持ちを持って行く』
これはとても大切です。何事も気持ちが大事。楽しもう!という気持ちを忘れてきてしまうと楽しいものも楽しめなくなります。そしてこれを持っていれば大抵のことは楽しめます。

『体調は万全に』
体調が悪いと「楽しむ気持ち」を持っていても打ち勝てない時があります。体調は万全に。そしてちょっと調子悪いな・・・という時は無理をしないように。途中で少し休むとか、自分で管理してください。無理して倒れたりすると自分だけでなく周りの方にも迷惑をかけてしまうことがあります。すごく調子が悪い時は家で安静にするか病院に行ってください。どんなライブも一度しかありませんがあなたの人生も一度しかありません。あなたを守れるのはあなた自身です。

『軽く食べてから来る』
心構えじゃないかもしれませんが、「体調は万全に」に通じると思います。物販列に並ぶ、入場列に並ぶ、開演まで待つ、など結構時間が掛かることがあります。待ち時間が長く、そこから2時間のライブ。となると物販に並び始めた時は大丈夫でも徐々にお腹が空いて来ることもあります。空腹でライブ見て盛り上がるのは結構きついです。ちょっと食べてくるとか、入場列で待ってる時にパンを食べるとか。(ゴミのポイ捨てはやめてね)結構大事じゃないかなと思っています。空腹で2時間走れる体力のある人は大丈夫だと思いますが・・・私は無理です・・・

『周りの人にあまり迷惑をかけないように。なおかつ楽しむ』
なんだかんだ言いましたが結局はこれが全てだと思います。
ライブハウスで盛り上がって周りに全く迷惑を掛けない。なんてことはまず不可能だと思いますが、迷惑を掛けていないだろうか?と心のどこかに少し置いてあるのと全くその気持ちが無いのとでは、周りに掛ける迷惑の度合いが全然違ってきます。その気持ちを持ち合わせていることが大事です。そしてその気持ちを持ちつつも楽しむ。
「楽しむ」にも色んな楽しみ方があります。人それぞれの楽しみ方で楽しめば良いと思います。

あるバンドさんのライブではライブ前にメンバーから注意事項がアナウンスされ、周りの方に挨拶をさせています。これは個人的にはとても良いと思っていて。言葉を交わすことがとても重要だと思います。ライブ後には自然と挨拶をしているのを見てバンドもそうですがお客さんも素敵だなーと思うのです。これが最初から自然に出来たら一番良いんでしょうけどね。なかなか自分からは出来ないのでバンド側が仕掛けるのは良いと思います。
ライブ前にいつもほっこりします。でもライブは激アツ。その温度差が最高。


以上が心構えでしょうか。特別なことは特にないと思います。

そして服装です。

服装はシンプルに。
・動きやすい。
・他人に危害を加えない。
・自分なりのおしゃれを。
というのが私の意見です。
で、そんな中から導き出されたものが「足袋」です。
SOU・SOUの足袋を発見してからもう足袋しか履いてません。
これなら誰かの足を踏んでしまっても大きな怪我にはなりません。
誰かに踏まれたら痛いです。その辺が難しいところです。
そういう意味ではヒールとかは避けた方が良いですね。どうしてもヒールじゃないとダメという方は後ろの方で大人しく見ててほしいかなぁ。

以上がライブハウスに行く時の心構えと服装です。
もちろんこれが大正解ではありません。違う意見もあるでしょう。ライブによって変化するのがライブハウスです。それぞれのライブを自分なりに楽しんでいただきたい。でもどうしたら良いかわからない方は上記を参考にしていただければとりあえず問題ないでしょう。


ご質問にもあった「勘弁してほしい」のは
・ゴミのポイ捨て
・他店舗前での座り込み
とかぐらいでしょうか。言うまでもない当たり前のマナーですよね。
逆に「こうして欲しい」のは
・楽しかったことは拡散して欲しい
ぐらいでしょうか。ライブハウスが楽しい場所であることを多くの方に知ってもらいたいです。


今回もずらーっと長くなってしまいました。
読んでくれた方がいたら嬉しいです。

メッセージは随時募集中です。どんなことでも構いません。
ライブに関する質問じゃなくてもOK!
質問じゃなくて意見でももちろんOKです!
このブログを読んだ感想もお待ちしてます。
あて先はこちら。
junsa@madowaku.com
メッセージには必ずペンネームを付けてくださいね!
採用された方には採用されたよ!って返信します!(それだけかよ)



最後に。お送りするのはTHEビール飲もうズ「究極の選択」


ンュジマジミカのぶろらじ、このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 18:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

ンュジマジミカのぶろらじ(仮)Vol.1


さて。昨日ブログを更新してみたら早速メッセージをいただきました!
(仕込みでもやらせでもないよ!ホントに来た!嬉しい!)
タイトルのぶろらじというのはブログのラジオという意味です。
ラジオ風のブログということで。昔、レポーターとして出演してた番組が「金曜ラジオ」で「金ラジ」だったのでなんとなくこういう名前になってしまいました。まだ(仮)だけど。

というわけで早速PN:かなかな☺さんのメッセージ。
↓↓↓
こんばんは。
ブログを読んでメールしました(о´∀`о)

去年の11月、"ライブに行ってCD買おう"で初めて浜松に行きました。ライブもすごく楽しかったし窓枠も大好きになりました。
今年も何度か浜松に行く予定ですが、(飲食店以外で)浜松に来たらここに行ってみたらいいよ〜という所はありますか?
浜松を知りたい楽しみたいです。
よろしくお願いします☺

もう1つ!悩み相談なんですが、ライブハウスに行くようになって1年半、知り合いもたくさん出来ました。でも人間関係で悩んでライブに行くの嫌だなとか思う事が増えました。。。音楽を聴きに行ってるのに。。。合う合わないはありますが、自分だけ避けられたりとか、かなりしんどいです😖
人の事は気にせずライブを思い切り楽しむにはどうしたらいいですかね。。。?
助言などいただければ嬉しいです!

よろしくお願いします〜(о´∀`о)
↑↑↑
一番最初のメッセージでいきなりお手本のようなメッセージ。
(本当に仕込みでもやらせでもないからね!)

まずは「浜松のオススメスポット(飲食店以外)」ということですね。

飲食店以外ということはきっとかなかなさんは飲食店はもう素敵なところを見つけたってことでしょうか。逆にそれがどこなのかが私は気になってしまいますが・・・
「浜松に来る=ライブを見に来る」ということだと思いますので駅周辺が良いのかな。
ということであれば一番に出てくるのは「浜松市楽器博物館」ですかね。
世界の楽器や楽器の歴史などが学べる場所です。
浜松は楽器製造のまちなので浜松らしい観光地です。
そしてその流れで浜松のシンボルタワー、「アクトシティの展望回廊」などどうでしょうか?ま、ここは暇だったら(笑)景色はとても良いです。浜松市を見渡せます。新幹線とか電車が行き来するのを上から見れます。時々貸切になっていることがあるので要注意。

「浜松」と一言で言っても実は物凄く広くて全国で2番目に広い市になっています。
(2番目ってところが浜松らしくて好き)
なので駅周辺というよりは駅から離れたところに良い場所が多いんですよ。
今、大河ドラマになっている「直虎」に所縁のある場所としてもオススメなのが
龍潭寺」です。
龍潭寺の見どころはやはり庭ですね。庭園が素晴らしい。心が洗われます。
以前はお抹茶がいただけたんですが今はやってないようですね・・・残念。
浜松駅からバス&徒歩で片道1時間ぐらい掛かるので余裕がある時に!

他にもオススメしたい場所はたくさんあります。うなぎパイファクトリーとか、舘山寺温泉のあのお風呂とか・・・
このブログの「カテゴリ」のところから選択していただくと古い情報ではありますが浜松の色んな情報と若かりし頃の上嶋潤の写真などが大量に出てきますので参考にしてください!
「ここ行ってきたよー」というメッセージもまたお待ちしてます。
浜松のオススメ観光地は随時アップしていこうかな。


さて次の質問に行く前に。ここで1曲。浜松出身のシンガーソングライター岡野宏典くんの「レモネード」

この曲は岡野くんのデビューシングル。2007年10月デビューなので今年でデビュー10周年。
昨年から浅田信一さんと始めた「うなぎの街からこんにちは」の2回目の開催が気になりますね。



さてさて。かなかなさんからのもう1つはご質問というかご相談ですね。

「周りを気にせずライブを楽しむ方法」ということですね。

皆さんはどうでしょう?ライブの時って周り気になりますか?
私は職業柄なのか、すごく気になります。
どんな風に盛り上がってるのかなーとか、みんな楽しそうだな。
っていうのを見るのが好きなので周りが気になります。

でも基本的にはライブって演者(ステージに上がってる人)とお客さんの
1対1の関係だと思うんです。
バンドが居て自分が居る。というのがお客さんの数だけある。
とにかくライブ中は演者と自分だけの世界で楽しめば良いと思います。
きっとかなかなさんも演奏中はそうだと思います。

この相談の内容はきっとライブ前後のことじゃないかな?

ライブハウスに行く→知ってる人たちがいる→無視されてる???
ライブが終わる→知ってる人たちがワイワイやってる→無視されてる???

ということではないでしょうか。
まず1つ手段としてはこっちからグイグイ行く。
案外、こちらの思い過ごしで別に無視してるわけじゃないかもしれません。逆に向こうが無視されてると思っている可能性もゼロではないので思い切って声を掛けてグイグイいく。これがまず1つ目。
この方法をやれる人はメンタル強いのでやれる人はもうとっくにやってます(笑)
そして私はこれが出来ません。メンタル超弱いので。

なのでもう1つ提案。
こっちも完全無視。終始1人の世界を楽しむ。
私は完全にこっち派ですし、いつもこっちを実践してます。

これは私の楽しみの1つなんですが、マネージャーさんとかも知っている仲の良いバンドのライブに行って、誰にも気付かれずに帰って来る。そしてTwitterなどで「行ってき」報告をして「来てたんかい!」というやりとりをする。
というのが実は楽しみなんです。だからライブを見に行っても気配を消してます。
でもライブ中にはしゃぎ過ぎてるとステージから見られててばれます。それも楽しい。

ということで人にはそれぞれライブの楽しみ方があります。

1人では楽しめないなんてことはありません。そもそも最初は1人だったでしょ?
ライブを見に行くと大勢で楽しそうにしてる人たちが目につきます。
「楽しそうだなー」と思います。きっと楽しいんだと思います。
でもそうじゃない人たちも同じぐらいいます。
隅っこの方で1人で楽しんでる人もたくさんいます。
そういう人を見つけて「1人なのは私だけじゃないんだな」と思えばいいんです。
案外、そういう人と何度も同じライブで会う事が増えてくると自然と仲良くなったりするもんです。

それでもやっぱり知り合いが気になる。
というのであれば、開演ギリギリに行って終演後にはとっとと帰る。
対バンとかだと間があるのでその点はちょっと辛いかもしれませんが・・・
(特にライブに行ってCD買おうとか時間たくさんあるもんね・・・)
そういうイベントの時はそもそも仲の良い友達を連れて行く。とか。
あとは転換中は呑んだり食ったりしてるとか。物販見てみるとか。

きっとこのブログを読んでる人の中に、私より「1人参戦」に慣れている強者がたくさんいると思いますので、このブログを読んで「私はこうやって1人でも楽しんでるよ!」という技を教えてくれる方がいたらメッセージください!
そもそも私は1人が得意なのでこういう悩みがないんだよね(笑)


さて。初メッセージをいただいたので気合いを入れて書きまくってみました。
いかがだったでしょうか?
皆さんからのメッセージお待ちしてます。
メッセージの宛先は junsa@madowaku.com
更新は不定期ですが暇を見つけてどんどん答えて行きたいと思ってます!
よろしくお願いします。


さて最後にライブ告知!
THEビール飲もうズの2017年初飲み会!(ライブのことね)
2月12日(日)窓枠Art Work
開場16:00/開演16:30
チケット代1,000円、高校生以下500円
(ドリンク代別途500円)
『初ライブを窓枠で!』という企画でライブ経験の少ないバンドと飲もうズが出ます。
飲もうズの出番は最後なのでだいたい18:30頃からですが
その前に初ライブをする若者たちも是非見て欲しい!
こちらの予約もjunsa@madowaku.comまで。


最後に。THEビール飲もうズ「究極の選択」を聞いてお別れです。
お相手は上嶋潤でした。またね。


ンュジマジミカのぶろらじ(仮)このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 12:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

新しいことを始めよう


2017年スタートから既に一ヶ月以上が経過。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
こちらのブログ更新してないなーと思っていたら。
前回の更新が8月って。更新してないなーのレベルじゃない。失礼しました。

さて。
2017年がスタートしました。
今年は何かコツコツやりたいなぁと思っていたのですがそれも何をやるか決められずにそのまま今に至っています。ダメじゃん。

昔やっていたラジオの経験を活かして
(と言っても私はダメレポーターだったので大した経験じゃないけど)
皆さんと何かしらコミュニケーション取りながらブログを進めていくとか。
お店の紹介とかも良いかなーと思っているんですが、何か良い案ありませんか?(いきなり他人任せ)

「浜松に行ったらこの店に行け!とかありますか?」
「あの店が気になるから行って来て!」
「THEビール飲もうズでこんな曲作って!」

などなど。悩み相談でもなんでも良いのでメッセージください!
あて先はこちら。
junsa@madowaku.com
メッセージには必ずペンネームを付けてくださいね!
どんなことでもOKです。
採用された方には採用されたよ!って返信します!(それだけかよ)


ここのブログは以前、レポーターをやっていた時の名残で未だに浜松の情報を求めて見に来てくれている方がいらっしゃるようなので、その延長として誰かにとって少しでも有益な情報をお伝えしたいと思っています。

あとはライブ告知!
THEビール飲もうズの2017年初飲み会!(ライブのことね)
2月12日(日)窓枠Art Works
開場16:00/開演16:30
チケット代1,000円、高校生以下500円
(ドリンク代別途500円)
『初ライブを窓枠で!』という企画でライブ経験の少ないバンドと飲もうズが出ます。
飲もうズの出番は最後なのでだいたい18:30頃からですが
その前に初ライブをする若者たちも是非見て欲しい!
こちらの予約もjunsa@madowaku.comまで。


さて。2017年もよろしくお願いします!!

最後に。THEビール飲もうズ自己紹介の歌「ただの音楽好き2014ver」
posted by カミジマジュン at 16:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする