2016年04月18日

5月5日の楽しみ方のご提案

1つの用事では遠征したくない男。上嶋潤でございます。
見たいライブがあるから遠征したい!
けどライブだけの為に遠征するのは・・・
ということを常に考えている私が皆様へ
5月5日に行われるTHEビール飲もうズのライブに行きたくなるご提案です。

5月5日は浜松では「浜松まつり」というお祭りをやっています。
このお祭りは毎年5月3日〜5日までの3日間行われるわけですが
5月5日は最終日ということで大変盛り上がります。

簡単にいうと、「それを見に行ったら楽しいよ」
というだけのご提案にはなってしまうわけですが・・・

お祭りの詳細については公式のホームページがあったので
そちらをご覧いただけるといいかも。
浜松まつり公式ウェブサイト

ご提案プランのテーマ、設定としましては
「最近気になるあの子がGWに浜松に遊びに来る。俺はその日、友達のライブを見に行く約束してたんだけど、せっかくだし普段行かない浜松まつりを一緒に見に行って、そのあと一緒にライブを見に行こう。思い切り楽しんでもらって二人の距離を縮めちゃおう!」
です。(今回は歌は作りません)

今、設定書いてめちゃくちゃハードル上げたことに気が付いた。
そもそも浜松まつりがそんなに面白いのか。という点。これはその人次第だもんね。

さ、前置きがいつも長いぞ。

まずは東京から彼女が来ます。
休みの日だしそんな早起きしたくないし、でもまぁせっかくだし昼前には。
ということで11時に浜松駅待ち合わせ。
9:10品川発のひかりに乗れば10:32には浜松に着くけどGWだしひかりは混みそうだからこだまにするね。
ということで9:04品川発のこだまで10:59浜松駅着。
11:00に改札口で待ち合わせ。
(話はそれるけどこだまって急いでるようで急いでないような、そんな「新幹線のくせに生意気だぞ。」って感じが良いですよね。わかります?はい、話を戻します。)

早速、凧揚げ会場直通のシャトルバス乗り場へ。
駅の北口を出ると案内所があるのでそこで情報収集。
事前にやっておくとスマートだけど、あえてそこで一緒にふむふむとやるのもまた一興。
アクトタワー方面に向かって歩いていくとシャトルバス乗り場の案内があるのでそちらへ。
シャトルバスは行列になっているので少し待ちます。
まぁフェスに行くのと一緒だよね。この待ち時間の間に浜松まつりあるあるなどトーク。
パンフレットとか見ながら待つのがベストかな。
そしてシャトルバス(大人280円/小学生以下140円)を利用して凧場へ。

到着するのは浜松まつり会館の駐車場なのでそこから歩きます。
結構、歩きます。人の流れに乗って歩いていけばOK。
公式には約10分って書いてあるけどもうちょっとある気がする・・・
でも、その辺りから凧が見えているのでそれを見ながら行けばあっという間。

会場に着くと、そこは戦場。
「凧揚げ合戦」と言うぐらいですからすごいです。
ヘラヘラしてるとマジで怪我しますので常に自分の周りに気を配りながら行動。
特に上から凧が落ちてくることもありますからね。本当に注意が必要。

広大な敷地でたくさんの町がそれぞれの町の凧を上げます。
その周りにたくさん屋台が出ています。
おもむろに時計を見て「お昼にしようか」と切り出してみる。

昼飯は好きな物を食べてください。
しかし、注意してほしいのは夜のライブの時に窓枠でフードの販売があります。
・遠州焼き(浜松でよく食べるお好み焼き)
・餃子
・唐揚げ
この辺りがメニューになりますのでそこは外しましょう。
いや、食べ比べも良いけどね。それもまた一興。

子どもの誕生を祝って凧をあげたのが浜松まつりの起源なのですが
各町が腕を競うようになり、凧の糸をこすり合わせて相手の糸を切るという・・・


まて。浜松まつりの説明ブログになってしまうところだった。
そういのは公式ウェブサイトかググっていただければ。
プランを進めよう。

ひとしきり見て回り、シャトルバス乗り場へ。
シャトルバス乗り場周辺でも色々やってるので見ると良い。
そこからシャトルバスで浜松駅周辺へ。

これで凧場にいる時間を2時間、バス往復40分、シャトルバス待ち時間往復分で1時間として・・・
15:00頃に浜松駅周辺
16:00の開場まで少し時間があるな・・・
ということでカフェで休憩。
それも良いけど、街中はイベント盛りだくさん。
アクトシティの地下の広場(サンクンプラザ)では世界の屋台とステージイベントがあります。
その辺りで音楽と食にふれるのもまた一興。
アクトから北に向かって伸びるアクト通りでも今年からイベントをやっているようなのでその辺りが窓枠からもアクセスがよくていいかも。
あえてザザシティまで行ってみるのもまた一興。でも疲れちゃうから無理はしない。

そして16:00にLiveHouse浜松窓枠へ。
16:30の開演までしばし休憩。

(「こんだけ歩き回ってきたら椅子があったら良かったな・・・」と俺なら思う。きっと思う。椅子少し用意しておこうかな・・・)

そこからはライブをお楽しみ下さい。
THEビール飲もうズ、今村モータース、Any、ササキヒロシ、奥山尚佳が出演。
窓枠の外のエントランス部分では遠州焼き、餃子、唐揚げ、そして生ビールの販売が。
会場内でも飲食OKなので気兼ねなく食べて飲んで楽しむべし!

ライブ終了後
あー楽しかったなーと時計を見ると20:00。
すっかり夜になった浜松の街中では御殿屋台の引き回しや練りの真っ最中。
御殿屋台は昼間の凧揚げとは打って変わって絢爛豪華。
キラキラした屋台に乗った女性のお囃子に心がなごみます。
そして昼の熱気を膨張させたかのような練りの一団。
浜松市中心街の交通規制が解除される21:00までゆっくり楽しむことができます。

東京方面への終電は21:59のひかり。
こだまに乗りたい方は21:20です。


以上が5月5日の流れになります。
いかがでしょうか?
書いているだけでぐったり疲れてしまいましたが
楽しい一日を過ごせるのではないでしょうか。

ぜひぜひ浜松へ。
一緒にお祭りには行けませんが、ライブで楽しんでいただけるように頑張ります!
ビール飲もうぜー!!

ご予約受付中!!

5月5日(木)
晴れたら空に豆まいて×浜松窓枠共同企画
「JOUDANみたいな日々 Vol.2」-窓枠day-
出演
Any / 奧山尚佳 / THEビール飲もうズ
今村モータース / ササキヒロシ(ADAM at)

開場16:00/開演16:30
前売2,500円/当日3,000円
(ドリンク代別途500円)

予約はticket@madowaku.comへ
「公演日」「氏名」「枚数」「連絡先」を明記の上送信してください。
posted by カミジマジュン at 20:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

5月5日JOUDANみたいな日々 Vol.2

5月5日(木)
浜松市内は浜松祭り一色になるこの日。祭りは最終日。
一番盛り上がるであろうこの日に窓枠でイベントをやります。

代官山の晴れたら空に豆まいてというライブハウスとの共同企画。
「JOUDANみたいな日々」というタイトルです。

出演者は
Any / 奧山尚佳 / THEビール飲もうズ
今村モータース / ササキヒロシ(ADAM at)

開場16:00 / 開演16:30
前売2,500円(ドリンク代別途500円)

ticket@madowaku.comへ
「公演日」「氏名」「枚数」「連絡先」を明記の上送信してください。

この日はライブだけではなく窓枠二階カフェAOZORAの料理も楽しんでいただきたいので
窓枠のエントランス部分にフード販売スペースを用意します。
AOZORA自慢の唐揚げ、餃子、お好み焼き(遠州焼き)などを提供予定です。
そして私の大好きな生ビールも飲めるようにします!
一緒にビール飲もうズ!!

この日は奥山尚佳くんと私のスプリットシングル「17才/70才」のリリース日でもあります。
手作りCDなのでライブ会場とイケヤの通販でしか購入できません。
この機会にぜひよろしくお願いいたします。

皆さんと一緒に窓枠で
JOUDANみたいな一日を過ごしたいと思っています。
よろしくお願いします!!
posted by カミジマジュン at 13:12| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

天浜線の花見旅2

前回、書ききれなかった続き。(前回

気賀駅に12時21分に到着。
ちょうどお昼時だったので気賀駅舎にある「貴長」で昼ラー。
IMAG1994.jpg
一番人気の塩ラーメンをいただきました。
ちょっと濃いめな感じがしましたが美味しくいただきました。
トッピングのチャーシュー、煮玉子も美味しかった。

そして本来の目的であります、都田川の堤防沿いの桜並木へ。
IMAG2000.jpg
良い感じに咲いておりました。
そして定番のDJしっちゃとのツーショット。
IMAG1995.jpg
今回は手でハートを作って桜を囲むという感じにしたかったのですが桜で手が見えず。
それでも目的である「気持ち悪さ」は出せたんじゃないかと。

そして花より団子の私は「引佐のみそまんを食べよう!」と
皆さんを引き連れて気賀の商店街へ。
その途中で姫様道中の列に遭遇。
IMAG2003.jpg
風情があって良いですね。
レポーター時代は事前インタビューだけで終わっていた姫様道中を約10年後にやっと見れるという。姫様道中も今年で64回目とか。これからも長く続いて欲しいですね。
そしてみそまんを求めて商店街へ。
IMAG2008.jpg
福月堂

IMAG2009.jpg
外山本店

IMAG2010.jpg
お菓子のとやま

IMAG2011.jpg
かじや菓子店

今までみそまんを食べ比べしたことがなかったので気が付きませんでしたがそれぞれに個性があって好みが分かれる感じでしたね。個人的には福月堂さんが好きだったかな。一番最初に食べたから。というのもあるかもしれませんが。

すっかり満足してしまい、途中で寄った大村屋さんという酒屋さんの写真を撮り忘れてしまいました。
残念。こちらでは美味しい日本酒を入手。

っと書いたらブログを読んだ参加者様から写真をいただきました。
1459989140142.jpg
楽しそうに酒屋に向かう俺。

途中、こんな顔出し看板もあったので参加者で。
1459601242703.jpg

そして都田川に戻り桜を眺め少しまったり。桜を眺めてのんびりする時間って贅沢ですね。

IMAG2020.jpg
そして帰りももちろん天浜線で。
IMAG2038.jpg
車窓を眺めながら帰りました。またのんびり天浜線の旅したいな。

IMAG2043.jpg
帰りは西鹿島で天浜線と別れ、遠鉄電車、通称赤電にて新浜松駅へ。

IMAG2042.jpg
車窓から見える景色もかなり違いますね。

そして新浜松駅に到着して解散。と言ってもみんなADAM atのライブに行きましたけどね。

とても充実した旅でした。
参加してくれた皆様ありがとうございました。
また何かこういう企画が出来たら良いなと思っていますので
お付き合いいただければ幸いです。

で、今回の旅の思い出を写真と歌でまとめてみました。

暇な時にどうぞ。(このブログ自体暇な時にどうぞって感じですが)


あ、そういえば帰りに赤電に乗ろうとしたら朝写真を撮り損ねた青電だったことを最後に報告しておきます。
IMAG2054.jpg
posted by カミジマジュン at 13:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

天浜線の花見旅

4月2日(土)に行って参りました。
「例えばわざわざ掛川から天浜線に乗って花見に行こうと言ったら君はなんと言うだろう。」
企画。

前日、雨が降ったけど当日は何とか曇りで過ごしやすい天候。
バッチリ晴れないところがなんとも行き当たりばったりな企画にピッタリ。
家から歩いて数分のところにも綺麗な桜が咲いていました。
IMAG1980.jpg

しかし、今日の目的は天浜線。
まずは赤電に乗って旅の始まり。
と思ったら赤電なのに青い電車が・・・あとで知ったのですが地元企業のラッピング電車だったようです。急だったので写真撮り逃した・・・

浜松駅に到着し、掛川行のJRに乗るのに少し時間があったので天浜線で呑むお酒を調達。
IMAG1981.jpg
駅の中にある花の舞さんで試飲させていただき早速ほろ酔い。
良い感じのスタート。

JRの在来線に揺られ掛川へ。
参加者の皆様と掛川駅北口で合流し、いざ天浜線へ!
IMAG1984.jpg
ローカル感のある駅舎。良い感じです。
そして10時57分発の電車が到着。
IMAG1987.jpg
この辺りからテンションが上がりましたね。ワクワク。

電車が発車すると早速酒盛りスタート。
IMAG1988.jpg
良い感じにガタゴト揺れるので人の持ったコップに上手く注げないのでみんな手酌。
日本酒を入手したのは正解でしたね。
天浜線の宮口辺りにある花の舞酒造のお酒だったのでそんな話もしつつ。
約1時間半の電車旅。浜松から新幹線乗ったら東京行けちゃうぐらいの時間です。
それをわざわざ市内の移動時間に割くという行為。
これが今回の旅の目的です。わざわざ感満載。家から車で行ったらもう帰ってる時間かもね。

ローカルな車窓を眺めながら日本酒を呑みたわいもない話をする。
最高の休日。
そして目的地の気賀駅に到着。
IMAG1989.jpg
地元の中学生がパンフレットを配っていたり、とても賑やかでしたね。

というわけで長編ブログになってしまいそうなので今日はここまで!
気賀につくまでの旅をご紹介しました。楽しすぎたので長くなっちゃうね。

今回旅のお供をしてくれた花の舞。あとこんなDVDも発見。
 
見る人いるのかな・・・いやでも、楽しかったからちょっと気持ちはわかる。

posted by カミジマジュン at 16:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする