2020年03月25日

サシ飲み企画63「良いのか悪いのか時間がある」

どうも。サシ飲み野郎カミジマジュンです。
相変わらずどこを見てもコロナコロナで嫌になっちゃいますね。
ライブが軒並み延期になっていく中で「良いのか悪いのか時間がある」ということで今回は同じ業界にいて何度もお仕事をご一緒しているにも関わらず一緒に飲んだことがない方からお申込みをいただきました。びっくり。嬉しい。
※サシ飲み企画って何!?という方はこちらへ。

そんなわけで今回のお相手はズーさん。(仮のお名前です。深い意味はない)
ズーさんが浜松に16:00頃に到着するとのことだったので改札口で待ち合わせ。
16:00だとやってない店が多いのでまずはかるーく呑める店で良いか。と思い「酒場これだけ」に行ったのですが私のリサーチ不足で定休日でした。失礼しました。
次に向かったのは以前、「ライブ前に呑めるちょっと早めからやってる居酒屋」としてブログでも紹介させていただいた「太郎丸」へ。
DSC_1704.JPG
(写真は2軒目に行く時に撮ったので暗いですが実際は16:30頃には入店。外は明るい)

ズーさんはビール。私はハイボールでまずは乾杯。
DSC_1703.JPG

ズーさんとは同じ業界にいるのでここ最近は影響を思いっきり受けていてそんな話から。
イベントの自粛が続き先がまったく見えない状況で悲観的な気持ちになってしまいそうですが、昔から元気で明るいイメージのあるズーさんはこの状況でも相変わらず。(もちろん悲観的になることもあるでしょうけどね)
私もこの状況であまり下ばかり向いていてもしょうがないと思っているたちなので、サシ飲みなんてやってるわけですけどね。

サシ飲み企画は基本的にはたわいもない話をするだけの会なのですが、1つだけ決まった質問をさせていただいています。
それは「どうやって音楽と出会ったか」ということ。
ズーさんにも同じ質問を。
普段、お仕事でお付き合いがあってもそういう話ってなかなか出来ないのでこういう機会は楽しい。
ズーさんはテレビで偶然みたMVがきっかけだったそうです。
「なんだこれ!」と映像のふわふわした感じと歌声に魅かれライブに足を運ぶようになったそうです。
そこから色んなライブを見てバンドを追っかけて全国を回ったそうです。
で、ズーさんは「どうしたらライブをタダで見れるだろう?」という素直というかヨコシマというか不純というか。そんな動機から紆余曲折して今のお仕事をされているそうです。
へー。面白い!やっぱり他人の人生の話って面白い。
その人の人生が動いた瞬間に立ち会うことはできないけど感じることができるのが楽しい。

そして逆に私の話も。
これも結構面白い話だと思うんだよね。俺も案外面白い人生歩んでるなー。

そんな会話をしながら太郎丸の料理を...

と行きたいところですが時間も早めの時間だったしお腹もあんまり空いていなかったのでここではお互いにハイボールをひたすらおかわり。
他の店が開くまでちょっと。のつもりが気が付けば2時間以上が経過。あれ。もう外も暗くなってきました。(さっきの写真参照)
そんなわけで太郎丸を後にして次はいつもの「HASHIGO」へ。
普段だと満席の時もあるのだけど今日は何故かガラガラ...(みんなも使ってね!)
店員さんが寝落ちしそうなタイミングで入店。

こちらでもハイボールで乾杯。
そしてマグロなどつまみつつ。
DSC_1705.JPG

新政酒造の「やまユ」が入荷したということだったので
DSC_1706.JPG
DSC_1707.JPG
いただきました。

そうこうしているとズーさんの終電時間が迫ってきたので改札でお見送り。
なかなか呑む機会はありませんがまたお仕事ご一緒させていただくの楽しみにしてます!ズーさんありがとうございました。

※サシ飲み企画、皆様からのお申込みお待ちしております!
申込フォーム
posted by カミジマジュン at 14:30| 静岡 ☀| Comment(0) | サシ飲み企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

個人的オススメ。浜松飲み鉄の旅!

はい。前回は「観光」と言いながら結局、ライブ前にちょっと呑める居酒屋紹介になってしまいました。
今回はガッツリ観光をオススメしたいと思います!
こちらも王道を普通に紹介するのであれば「公益財団法人浜松・浜名湖ツーリズムビューロー」さんが一番です。参考にしていただきたい。


今回はカミジマジュン個人のイチオシをご紹介。
それは「天竜浜名湖鉄道の旅」でございます。
IMAG1987.jpg
天竜浜名湖鉄道は通称「天浜線」と呼ばれておりましてJR掛川駅(掛川市)から周智郡森町、浜松市天竜区、浜北区、北区などを通過しJR新所原駅(湖西市)を結ぶ列車です。
歴史が古く、駅舎を始め多くの施設が国の登録有形文化財になっています。

そんな天浜線を具体的にどう楽しむか?
過去に私が実際に行った旅をご紹介させていただきたいと思います。

まずは間もなくやってくるお花見シーズンに花見をしに行ったプラン。
「わざわざJRで掛川まで行って少しでも長く天浜線に乗りたい!」プランです。

目的地は「気賀」です。姫様道中というお祭りをやっていたのでそれを見に行く為に練ったプランです。
その日は各地から友達が集まってくれたので集合場所は掛川駅にしました。(掛川駅は新幹線(こだま限定)も停まるのだ)
2016hanami.jpg
こんなしおりも当時作ってみた。
今調べたらダイヤ改正があり当時と若干時間が違ったので2020年3月14日改正になったダイヤに則った時間で記載させていただきます。(つまり当時の旅のしおりとは時間が違いますのでご注意下さい)

10:40 天浜線掛川駅前集合
IMAG1984.jpg

10:56 掛川駅発
・90分の飲み鉄タイム!(浜松駅で日本酒など調達)
IMAG1988.jpg

12:20 気賀駅着
・気賀駅にあるラーメン屋「貴長」にて昼食
IMAG1994.jpg

・都田川沿いのお祭り広場で桜を満喫
IMAG2002.jpg

・細江みそまん食べ歩き(気賀駅から徒歩圏内に4店舗)
IMAG2008.jpg

・途中「大村屋酒店」でエネルギーチャージ

15:59 気賀駅発
16:27 西鹿島駅着
16:36 西鹿島駅発(遠州鉄道)
IMAG2043.jpg
17:08 新浜松駅着
この後、ライブを見に行く事になっていたので流れ解散となりました。

いかがでしょうか?楽しそうじゃないですか?そうでもない?

さて、長くなりましたがもう1つ紹介させてください。

上記プランは「花見」がメイン。
次にご紹介するプランは「ザ・飲み鉄」プランです!

まずはこのプランでは遠州鉄道、通称赤電も使います。(赤いから赤電だったのに最近は企業のラッピングが多く、緑や黄色も登場していてややこしい。けど日常の足として市民に愛されている電車でございます)

天浜線にはお得な乗車券があります。
この中で「ザ・飲み鉄」プランとしては「みかんきっぷ」と名付けられている赤電+天浜線の西側が1日乗り放題のきっぷを購入します。新浜松駅で購入できます。1,430円。(みかんきっぷなんて名前だったっけ?)
すみません。訂正です。みかんきっぷは天浜線のみでした。赤電もフリーになるのは「天浜線・遠鉄共通フリーきっぷ」(1,480円)で天浜線のルートが西ルートと東ルートに分かれていて「ザ・飲み鉄」プランとしては「西ルート」を購入します!

ザ・飲み鉄プランでは飲みはもちろん鉄分も補給します。
それが「転車台&扇形車庫見学」です!
DSC_0105.JPG
国の登録有形文化財に指定されている転車台と扇形車庫は一見の価値あり。転車台は実際に列車を乗せて動かすところも見せてくれます。
そしてなぜ天浜線の西側のルートにしたのか...
その答えは天浜線の西ルートには浜松の地酒「花の舞」が造られている蔵があり「宮口駅」から徒歩で行けるからです!しかも「酒蔵見学」もさせてくれるんです。
転車台・扇形車庫で鉄分、酒蔵見学で酒分を補給できる。ザ・飲み鉄!
そんなわけでこのプランで実際に行ったことがあるタイムスケジュールです!

11:45 浜松駅で待ち合わせ
12:00 新浜松駅発
12:10 上島駅着
らーめん武蔵(徒歩5分、水曜定休10:30〜)
DSC_0097.JPG

13:10 上島駅発
13:32 西鹿島駅着
13:36 西鹿島駅発
13:41 天竜二俣駅着
13:50 転車台見学(45分)
DSC_0103.JPG

14:42 天竜二俣駅発
14:53 宮口駅着
DSC_0106.JPG

花の舞酒造(宮口駅から徒歩約5分、営業時間10:00-18:00)
酒蔵見学(この時は酒蔵を使用していない時期だったのでDVDを観た後、各種日本酒を試飲させていただきました)
DSCPDC_0002_BURST20190722152106545.JPG

15:52 宮口駅発
16:42 奥浜名湖駅着
DSC_0108.JPG

長坂養蜂場(奥浜名湖駅から徒歩約5分、営業時間9:00-18:00)
オススメ:はちみつソフトクリーム
DSC_0109.JPG

17:35 奥浜名湖駅発
17:55 新所原駅着
駅近くのコンビニで色々補充

18:07 新所原駅発
約1時間の飲み鉄タイム!
DSC_0110.JPG

19:17 西鹿島着
19:24 西鹿島発
19:56 新浜松着

この日は酒蔵見学ができませんでしたが試飲をたくさんさせていただき満足。もし酒蔵見学をするとなると長坂養蜂場の滞在時間が短くなり、わざわざ新所原まで行かずに帰って来るパターンが理想的ですかね。
天浜線は本数が少なく1本逃すと1時間無駄になることもあるので時刻表をじっくり見てプランを練ることが大事です。
というか、この行程を実行した日は私の「今から晴れるよ」の祈りが全く通じずずっと雨。その上、新所原から西鹿島へ帰る時には豪雨に雷。天浜線がストップするという状況になりつつも車内では呑気に酒呑んでいたのは良い思い出です。スムーズにいかないことも楽しめる性格で良かった。

この日は上島駅で下車して「らーめん武蔵」に行ったのですが他にも沿線から徒歩圏内のラーメン屋さんがいくつかありますのでピックアップしておきますね。

助信駅:まぜそばいっとく(水曜定休11:30〜)
曳馬駅:青空きっど零壱(祝日定休10:45〜)
さぎの宮駅:餃子の砂子(月曜定休11:30〜)
遠州岩水寺駅:僕家のらーめんおえかき(無休11:00〜)
天竜二俣駅:ホームラン軒(月曜定休11:00〜)

定休日とお好みに合わせて選んでみて下さい。上記スケジュールで下車駅を変えるだけで対応可能です。

というわけで大変長くなりましたが私が天浜線を推してるということだけでも伝わっていたら嬉しいです。
また別のオススメを見つけた際にはこちらで情報提供させていただきます。
みんな浜松に来てねー!!
posted by カミジマジュン at 19:57| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする