2017年08月09日

2017はままつ少年の船

2017はままつ少年の船が無事に終わりました。

「はままつ少年の船」というのは私が所属している浜松青年会議所が主催している事業で浜松近郊(今年は静岡県西部地域)の小学3年生〜6年生までの男女450名と二泊三日の洋上研修をするというもの。
今年で26船目なので30年近く続く歴史のある事業なのです。

浜松青年会議所の中に実行委員会があり今年はその副委員長として乗船。
実は浜松青年会議所に入る前、約20年前にもチームリーダーという子どもをまとめる大人として乗船しているのですがそれを入れると今回で10回目の「はままつ少年の船」乗船になります。

2014年から「にっぽん丸」という豪華客船をお借りして行っています。
IMAG4845.jpg
この写真見るだけでドキドキします。

今年は7月31日(月)〜8月2日(水)の二泊三日で伊豆諸島の最南端にある「ソウフ岩」を目指す予定でしたが台風5号の影響で航路変更を余儀なくされました。
変更せずに行ったら「手すりに掴まっていても立っていられないぐらい揺れる」と言われたそうです。流石にそれは無理ですね・・・残念ですが安全第一です。

7月31日、予定通り御前崎港を出港
IMAG4855.jpg
毎回、このシーンで船の特別感を感じます。船ならではの別れだと思いませんか?

船は伊豆半島の東を北上し相模湾へ。
IMAG4856.jpg

船の上では色んな研修を行いました。その研修の司会をしたりするのが主な役割。
IMAG4880.jpg
※写真は2日目の研修。内容は省略(笑)

この船で個人的に楽しみにしているのは大海原に沈む夕日をみること。今年も綺麗な景色を見せてくれました。
IMAG4864.jpg IMAG4867.jpg

そして夜は星空教室。
すこーし雲があったりお月様が綺麗だったこともあり、満天の星と言うわけではありませんでしたが、それでもいつも見ている星空よりも綺麗。うっすらと天の川も見えましたね。

予定では2日目のお昼前に「ソウフ岩」に着く予定でしたが航路が変更になったので船側が「ソウフ岩」に変わるものとして自然が織り成す景色として新島にある「白ママ断層」を見せてくれました。
IMAG4893.jpg
船に乗ってから行き先が決まったので全く情報無しで見たのですがその白さと大きさには驚かされました。自然が作り出すものの美しさって素晴らしいですね。

中身はかなり飛ばしましたが8月2日に無事予定通り横浜港に帰港。
そこからバスで浜松へ。
特に大きな怪我や事故もなく帰って来られました。

20年前に学生だった私が何も知らずにチームリーダーとして乗船していたはままつ少年の船。
浜松青年会議所に入会する時に「あ!これ知ってる!」となってからなるべく毎年乗っていました。
多くの大人に支えられて出航するこの船に副委員長として4回も関わらせていただきました。その中で毎回、本当に多くの人に支えられてるなぁと感じました。今回ももちろん。
storageemulated0SilentCameraSoft1501503436211.jpg
船に乗るまでの準備ももちろんたくさんありましたが船に乗ってからも明日の準備やミーティングを行い、寝不足というかほとんど寝てない仲間もいました。
450名の小学生に対し大人は約120名乗船します。
船に乗る大人だけではなく港に残って片付けをしてくれる仲間、帰って来る我々がスムーズに解散場所に入れるように準備して待ってくれていた仲間などなど。本当にたくさんの人の力が必要です。
全ては乗船してくれる子どもたちの為です。

青年会議所というところは年齢制限があり40歳になると卒業しないといけません。
私は今年40になるので浜松青年会議所を卒業します。
ということはこのはままつ少年の船にスタッフとして関われるのも今年が最後でした。

準備も本番も片付けも含めてとても大変な1年間を過ごします。
よくもまぁ4回もやったなと思いますが毎回子どもたちの笑顔と1つの目標に向かって進んでいく大人の仲間たちがいるから頑張れちゃうんだよね。
本当に良い経験をさせていただきました。

この船は来年やるかどうか分かりません。
26船があっても27船があるとは限りません。
でも私は27船があって欲しいと願っています。
もし27船があったら皆さんも是非参加してみてください。
団員(子どもたち)をまとめるチームリーダー(18歳以上の男女)として乗船できます!
かけがえのない時間になりますよ。
posted by カミジマジュン at 16:42| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ンュジマジミカのぶろらじ Vol.5

お久しぶりの「ぶろらじ」です。全然質問がないのでもう需要ないのかと思ったー!あー良かった。

あ、みなさん、こんにちは。上嶋潤です。
ンュジマジミカのぶろらじをご覧いただきありがとうございます。

久しぶりにメッセージが来て嬉しいです。あー俺は人に頼られないと生きていけない臆病な人間なんだなーと改めて感じてます。そして他人に上手く甘えられず自爆するんです。あーぁ。

おっと。俺のことは今は置いといて。ご質問いただきました。
ラジオネーム:もっぴさんから。

↓↓↓

上嶋さんこんにちは!
先日の郡山のライブの時に物販の列で前にいてアカウントバレた者です。びっくりしました…笑
楽しかったですね!上嶋さんのブログからもユニゾンとスクービー愛が伝わってきて読んでて思い出してきて今も余韻をズルズル引きずってます…(˘ω˘)

それはさておき、前振りが長くなってしまいすみません!本題です。
私は将来、なんらかの形でライブハウスやイベントに関わっていける仕事に就けたらと思っています。照明だったり音響だったり…色んな職業があります。方法はたくさんあると思いますが実際どのようにしてそのような仕事に就けるか分かりません。そこで上嶋さんが窓枠を経営するようになった経緯を教えていただけたらなと思います…!こういうのは専門としている人に聞いてみた方がタメになると思ったからです。絶対に就きたいという気持ちだけ先走ってしまい、上嶋さんに聞くのは失礼かもしれませんが承知の上で質問させていただきました。ぜひお時間があったらよろしくお願いします。
長文失礼しました。
これからもお体にお気をつけて頑張ってください!

↑↑↑

質問ありがとうございます!あの日のライブ楽しかったよねぇ。

質問は私がライブハウスをやることになった経緯ですね。
地元の中学校や高校に行ってお話をさせていただくことが時々あるんですが、この質問は毎回ありますね。とーっても簡単な答えになってしまいますが、まずは一曲お聞きください。

SCOOBIE DO「バンドワゴン・ア・ゴーゴー」


バンドって良いよねぇー。SCOOBIE DOかっこいいよねぇー。

さて。質問に答えたいと思います。

「どんな経緯でライブハウスをやっているのか」

ですよね。答えはズバリ。

「父親がやる。って言ったから」です。

全然、参考にならんやつ(笑)
あーごめんなさい。私、いわゆる二代目ってやつなんです。
だからライブハウスで働きたくて自ら動いてそのポジションにいる人ってすごいなーと思うんですよね。自分から求めていく姿勢ってすごく大事だなーと思うし、尊敬します。
冒頭で「頼られないと生きていけない」って書きましたが私はそういうタイプで求められるとそれに応えたくなるタイプなんです。だから「ライブハウスやるぞー」と父に言われて「手伝え」的な感じになったからやりはじめたってわけです。

昔、ラジオのレポーターをやった時もラジオ局の人から「やって欲しい」と言われてやったし、それより前の話で地元のCMソングを作った時も当時のライブハウスの店長に「こういう募集あったから作ってみなよ」と言われたから作った。という感じだし、そもそもバンドを始めたきっかけも、弾き語りでライブをしていたら「バンドやろうぜ」と声掛けてくれた仲間がいたからだったし。
常に受け身であることが多い人生だったなーと思います。
だから、質問者のもっぴさんのように夢があってそれに向かって行動して行こう!という気持ちがとても美しいなーと思います。

ま、俺の経験は全く参考にならないので、どうやったらライブハウスで働けるか、イベントに携われるか、ということをお話しますね。

まずイベントスタッフはバイトでできます。
各地のイベンターと言われる団体が大量にバイトを募集していることがあるのでそこに申し込めばだいたいいけると思います。求人情報誌にも時々載ると思いますし、思い切って直接「バイト募集してないですか?」と電話してみるのも良いと思います。社員になる。となるとまた話は違うと思いますが、それも各社に「社員の採用予定はありますか?」と問い合わせてみるのが手っ取り早いと思います。
(イベンターさんというのは例えば郡山近辺だとノースロード・ミュージックさんとかかな?)

で、ライブハウスのスタッフですがこちらもバイトでできます。
各地ライブハウスのホームページなどに募集が載っていることがありますのでチェックしてみてください。
載ってなくても思い切ってメールしてみるといいかもしれません。
バイトがやれるのはドリンクや受付ですね。もちろん経験や知識があれば音響や照明もやらしてくれます。

さて。ここで出てきました。「経験」と「知識」です。
実際にライブハウスのステージに近いところで働くにはやはりこれが大事です。
窓枠ではオープンして13年目にして初めて音響担当社員を採用しましたが彼は専門学校でその「知識」を得て弊社に入社してきました。「経験」はほぼゼロですがまぁそれはこれから。
逆に「経験」があるパターンもありですね。
バンド経験があってライブを何度もやっているとか。そうなるとそれなりの「知識」もありますが、仕事をしながらもっと深く専門的な知識を得るというパターンですね。

物販列で私の前にいた方がもっぴさんなので私の記憶ではすごく若い方だったと思います。
まだまだこれから知識も経験も得ることができます。
専門的な学校に行くのも良いし、バンドを始めてステージに立つのも良いでしょう。
それと平行してライブハウスやイベント会社のスタッフとしてバイトをしてみるのも良いでしょう。

そうこうしているうちにきっともっぴさんは「求められる人材」になるはずです。
そうなれるように日々、頑張っていただきたいと思います。陰ながら応援していますね。

簡単に言うと「知識と経験が大事だよー」という話でした。
が、最後にそれを得ても得ていなくてももっと大事なのが「元気に挨拶する」「人の話は聴く」「返事はハッキリ」というきっと小学校でも言われるようなことだと私は思っています。極端なことを言うとそれが出来ればライブハウスで働けます。(担当は色々ありますが)
もっぴさんの周りに「元気に挨拶が出来て人の話をしっかり聴けてはっきり返事が出来る人」っていますか?きっと少ないと思います。そこで一歩リードです。
これからどんな職に就いても大事なことなので覚えておいてください。


こんな感じで大丈夫かな・・・今回も長くなってしまった。
もっぴさんの参考になったかな・・・


さて。皆さんからもメッセージお待ちしております。
質問・相談、世間話でもOKです。
あて先は junsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMでも受け付けています。

最後に宣伝。

7月2日(日)窓枠にて合コン開催!
参加資格は【音楽好き】【独身】【20歳以上】です。
参加希望者はjunsa@madowaku.com あるいはTwitterのDMなどに
「氏名」「性別」「好きなバンド」「好きな1曲」を明記の上送信!
開場17:00/開演17:30/終演20:00(予定)
男性5,000円/女性3,000円
(ドリンク&フード付)
よろしくお願いします!!
※ちなみに今現在、女性の申し込みの方が多いです。男性の皆様、是非!!

本日もぶろらじお読みいただきありがとうございました。
最後にお送りするのはもっぴさんと出会うきっかけをくれたUNISON SQUARE GARDENで「シャンデリア・ワルツ」をお聞きください。


ンュジマジミカのぶろらじ、このブログは窓枠の提供でお送りしております(仮)
posted by カミジマジュン at 22:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶろらじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする